ドット絵ビーズが簡単に作れる!「クイックセルズ」で遊んでみた

最近日本でも発売された「クイックセルズ」がドット絵おもちゃ作りにおすすめなのでぜひ紹介したい。

「クイックセルズ」はもともとはMoose Toys社から発売されているビーズのおもちゃシリーズ。従来のビーズは丸いパーツで作られているが、これはドット絵を意識した「四角いビーズ」なのがポイント。上のは海外版ですが、日本のはメガハウスから発売されている。

こんな風に再現度の高い、ドット絵ビーズが簡単に作れてしまうのだ。

ビーズのおもちゃというと「アイロンビーズ」「アクアビーズ」がが知られている。「クイックセルズ」はアクアビーズのように水をスプレーすると固まる、というタイプ。お子さんでも安心だ。

海外版の基本パッケージの中身はこんな感じ。10色のビーズと土台と霧吹き。版権の都合もあるので、デザインテンプレートとして入っているのはオリジナルのデザイン。

お値段は基本パッケージが16.99ドル。他にもたくさんビーズが入っている「Mega Pack」や、豪華な水スプレーが入った「Fuse blaster」がある。日本版はいくつかセットがあり、アニマル、モンスター、ファンタジー、昆虫、恐竜などいくつかのテーマのセットで売られている。

ちなみに17年4月現在、Amazonやヨドバシ・ドット・コムなどでもわりと投げ売りされている。日本で扱わなくなると困るのでみなさん買って。

実際に作ってみた:スーパーマリオ

なんとなくネット上の画像などを参考にドット絵を参考に組み立てていきます。

マリオもゼルダも3色だけで出来てるので、同じ色のビーズを大量消費してしまう。ただ改めて組み立ててみるとデザインの凄さを実感する。水をスプレーして乾燥させると固まるよ。上のは海外版なのでプレートが緑だが、日本版のはもうちょっと扱いやすいプレートになっている。

実際に作ってみた:マインクラフトの剣

娘さんが自分も作りたい!と言ってきたので、ダイヤの剣を組み立て。この後スプラトゥーンのドット絵を自分で探して作っていた。

ネット上ではアイロンビーズでドット絵を作っている方がいらっしゃるので、そういった図案を参考に組み立てるといいかも。ゲーム好き親子にオススメしたい。あとゲーム&ステッチの本を買って、ナムコドット絵なども色々作って楽しんでいる。