Archive for the ‘manga’ Category

散歩の語源

火曜日, 3月 17th, 2009

何進大将軍の孫・何晏が「五石散」 というドラッグをキメながら歩いていたことからきている、という説がある。

そういえば私は30年間ずーっと気づいてなかったんですが横山三国志の名シーン「チャッポー」ってちゃんと「ン」が下の黒い部分に書かれていたんですな。「チャッポー」で検索するまでずーっと気づかなかったよ。というかそんなしょうもないワードで検索してるのもいかがなものか。

神戸・長田の商店街に「三国志」武将128人
検索していて気づいたこのニュース。写真のチョイスが袁紹と王平というのはなぜかと思ったら単にあいうえお順に並んでいるせいか。いやひょっとしたら袁紹の前に阿会喃とか越吉元帥が登場している可能性もありますが。横山三国志スタンプラリーもちょっと行ってみたかったぜ。

2009年に30周年を迎えるもの

日曜日, 3月 15th, 2009

俺が少し前にめでたく30周年を迎えました。ついこないだ「ガンダムにヒゲが生えた!」とか言ってたのに時が経つのは早いものであります。なんとなくダラダラとWikipediaやらネットで1979年に30周年を迎えるものを調べてみたのでせっかくなのでずらずらと羅列。

機動戦士ガンダム
ルパン三世 カリオストロの城
アニメ版ドラえもん(第2作)
銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999)
キン肉マン

ギャラクシアン
スペースフィーバー
(山内組長の「遊び方にパテントは無いわけです」の名言で知られる任天堂のインベーダークローン)

モナコGP
ヘッドオン
カプコン設立
システムソフト
トーセ
東亜プラン
アクティビジョン
スタジオぴえろ

ウォークマン
PC-8001
うまい棒
チロルチョコ
パイの実

ヤングジャンプ

西武ライオンズ
江夏の21球
探偵物語
西部警察
必殺仕事人
グイン・サーガ
東京糸井重里事務所
地球の歩き方

地獄の黙示録
エイリアン (映画)
マッドマックス
戦国自衛隊(映画)
太陽を盗んだ男

Wikipedia:1979年
Category:1979年
1979年の映画
1979年のテレビアニメ
1979年のゲーム

1979年のテレビ番組
1979年の音楽
1979年のテレビドラマ

ってなんか果てしなく色々あるのでやめた。

孤独のグルメ新作

火曜日, 12月 25th, 2007

孤独のグルメ新作が1/8発売のSPA!に載るらしい
そういえば未だに検索で昔の記事に来る人いるので、根強い人気なんですねえ。

孤独のグルメ
こうして見てみると、ぶた肉いためライスと廻転寿司と焼肉とビフテキと焼きそば&餃子以外はだいたい制覇した…ような気がする。ちょっと前に石神井公園に行きましたが当然のごとくチェリオの瓶自販機は無くなっていて「このワザとらしいメロン味!」は再現できずに残念。

2004年当時で絶滅寸前だった関東の瓶チェリオ自販機はもう2007年現在ではほとんどないのかな?

株式会社チェリオコーポレーション
【世界の飲料】チェリオPart2【ナゴヤ球場】

小中学生の間で小池一夫口調が流行っている説

火曜日, 11月 20th, 2007

なンとなく小中学生の集う掲示板とかブログみたいなのを見ると、「みンな」「頑張ンな」「なンだよ」といった小池一夫口調がやたら流行っているような気がする。

なぜセリフの「ん」がカタカナなのでしょうか?

大徳川展で「初花」「新田」が同時公開

月曜日, 10月 1st, 2007

肩衝茶入「初花」「新田」が同時公開だそうですよ
「天下の三肩衝」のうち2つが10月10日から開催の「大徳川展」で公開されるそうです。私も「へうげもの」とかにハマッているクチなので、ちょっと見にいきたい。でも混んでそうだなあ。

ネットで検索してみると「初花」の写しが40,950円。名物のレプリカって2-3万ぐらいで買えちゃうモンなんですね。ヤフオクとか楽天にもバンバン出てるし。新田肩衝茶入とか富士茄子とか。

愛・蔵太の少し調べて書く日記 – 信長はなぜ本能寺で殺されたのか、あとすごい九州国立博物館
とかに色々まとめられてますね。『戦国茶闘伝』はamazonだとプレミアがついてる……。

模倣から始め、半歩先をねらい独創を(シュベール標語)

木曜日, 4月 19th, 2007

chofu.jpg
・1年数ヶ月しか住んでなかったけど調布市から引っ越した。

・桜玉吉のファンなので調布に引っ越した直後は「おお、ここが例の回転寿司屋か!(今はない)」「ここが喫茶シュべールか!」「これがシュベール標語か(今はない)!」「ここが『玉吉もなあ』で有名な真光書店か!」などと感激したが、次第にどうでもよくなり、結局諸般の事情もあり引っ越したのでした。さらば調布市。

●調布の玉吉名所をレポートしているブログ
H O W E * G T R:桜玉吉をめぐる五月の旅
H O W E * G T R:桜玉吉をめぐる五月の旅2
H O W E * G T R:桜玉吉をめぐる五月の旅3

・調布では水木プロのすぐ近所に住んでいたのだが、結局水木しげる本人を1度も発見できず。水木サンは麺類とフルーツが好き、という情報を水木プロダクションの近況コーナーから仕入れていたので、いつもスーパーやコンビニの麺類コーナー周辺をチェックしていたが、結局1度も目撃できず。つげ義春も見たこと無い。
・しかしこの近況コーナーを読むと水木サン本人の面白さがビンビン伝わってくるなー。アンパンを食べてる写真とか漫画そのまんまだし。「水木しげる本人が作品の何倍も面白い」というのにも納得。